Q&A

よくある質問と答え

組合に加入できる資格は?
組合への加入資格は、契約社員と正社員についてはUCSまでのグレードの方が有資格者です。
ただし、会社が指定する一部の部署(例えばHR)は組合員対象外です。
この組合員・非組合員の範囲については、暫定労働協約(非組合員の範囲)で締結されています。
組合費はいくらですか?支払い方法は?
月額組合費は1ヶ月2,300円です。
支払い方法は口座振り込みでお願いいたします。詳しくは組合規約ページをご参照ください。
なぜ、ユニオン(労働組合)が必要なのですか?また、結成されて会社との関係はどう変わりますか?また、ユニオンでなければならない理由はなんですか?
私達は一人では大きな力を持つことはできません。多くの仲間が集まってこそ大きな力になり、会社と対等な立場で話し合うことができるのです。
みんなの意見を組合で協議し、その意見を組合の総意として会社に伝えることができるのです。
労働組合が結成されて、労使が共通する問題について対等に話し合える土壌ができました。
また、職場で発生している問題や疑問など、労働組合が会社に提示し、労使が協議し問題解決に向け前進することができます。労働組合は法律で定められた社会制度です。
PMJユニオンは何を要求し、実現しようとしていますか?
PMJユニオンは、「雇用と生活」を守り「ゆとりと豊かさ」の実現を目指しています。
そのために、組合と会社が対等に話し合い、「労働条件の維持と改善」や「将来に希望と誇りと夢」の持てる職場作りをすることが重要と考えています。
PMJユニオンと会社の交渉結果(合意事項)は、組合員でない人たちにも適用されるのですか?
労働組合に加入しない従業員の労働条件については、労働組合として会社側と交渉をしません。
また、一般的に日本の労働組合では労使協約が締結され、ユニオンシップ協定条項があります。
ユニオンシップ協定とは、「その会社に働く従業員は一部の人(会社役員など)を除き全て組合員とする」という取り決めですが、PMJと合意した協定には、その条項がないため、非組合員には適用されない場合もありえます。現在ユニオン未加入の方に対しては、同じ会社で働く従業員であるため、今後もユニオン加入に向け粘り強く説得を続けたいと考えています。
組合加入によるメリット・デメリットは何ですか?
組合に加入したからと言って、直ちにメリットを享受できるものではありません。
一番大事なことは、PMJで働く多くの人に加入して頂き、そこで私達が目指す目標や問題点などに対し、いろいろな意見を出して頂き、ともに行動することです。
そうすることで、働きがいのある職場を築き、ゆとりと豊かさなどを勝ち取れるのではないでしょうか。
デメリットはありません。組合加入や組合活動を行うと「昇進・昇格に不利となる」などと思われる人もいますが、そのようなことは一切ありません。
もし、それが行われると労働組合法第7条の不当労働行為に該当します。
PMJはCSRの観点から労働組合に対する積極的な理解と認知があり、その点安心して組合活動を行える環境にあります。
組合費はどのようなことに使われるのですか?
組合費は主に、全国各地で活動している執行委員・支部長などの意思疎通や決定事項の協議・伝達のために行う執行委員会や労使協議会などに伴う交通費、会議費、通信費で使用します。
また、PMJユニオンが加盟する上部団体「フード連合」などへの加盟費として使用します。
これは、PMJユニオンの組織運営や会社と協議内容などについて専門的なアドバイスやサポートを頂いています。